『おなかにいっぱい、あやかしの種』12話「番外編 犬上家の一族」ネタバレ

『おなかにいっぱいあやかしの種』スマホでコッソリ、無料 ネタバレ

『おなかにいっぱいあやかしの種』は、佐藤沙緒理先生の大ヒット大人漫画です。『おなかにいっぱいあやかしの種』をスマホでコッソリ、無料立ち読みしちゃいましょう。当サイトは、そんな『おなかにいっぱいあやかしの種』の魅力をコッソリ、ネタバレしちゃいます。

▼MENU

『おなかにいっぱい、あやかしの種』12話「番外編 犬上家の一族」ネタバレ

『おなかにいっぱい、あやかしの種』第12話、「番外編 犬上家の一族」を、スマホでコッソリ、無料立ち読みして楽しんじゃいましょう!

これより先は、ネタバレ気味の記事になりますから、おイヤな方は、直ちに↓下記画像をタップして本編に進んで下さいね。

今すぐ本編を読む!
↓↓↓↓↓↓
 
↑↑犬上家のちょっぴり切ない秘密↑↑

『おなかいっぱい、あやかしの種』12話「番外編 犬上家の一族」あらすじ

あやかしの種12話では、本編はちょっとひと休みで、番外編として、いつもいい味出してくれてる犬上くんについて…

犬上くんの家族の秘密や、犬上くん本人のちょっぴり切ない生い立ちなんかを描いてます。

まずは、犬上家の家族構成

犬上家の家長 犬上くんのお父さん
旺一郎(おういちろう)

犬上くんのお母さん 
奈保(なお)

犬上家の長男
響介(きょうすけ)

長男の嫁 犬神くんの義姉 
澄美(きよみ)

長男の双子の子供 犬上くんの甥
基(もとい)
要(かなめ)


犬上家の双子の次男と三男
瑛太(えいた)
奏太(そうた)



犬上家の四男 犬上くん本人
明楽(あきら)

と、なかなかの大家族。

この家族の中で、母:奈保(なお)と義姉:澄美(きよみ)は人間で、犬上くん(明楽)たちの本当の姿が見えていなかった。




犬上くんのお母さん、奈保は、彼が幼いころ、よく優しく頭をなでてくれた。

母のことは大好きだったが、真実を見て優しくしてくれてるわけではないことに、なんとも言えない虚しさ、寂しさを感じていたのだ。

そんな時、自分の本当の姿が見える人間の女性、“樹津あかる”が目の前に現れた。

犬上くんの胸は高鳴り、感情が押さえつけられなくなるくらいあかるの存在が気になる。



犬上くんのあかるへの想いは、そんな幼い時の母性の愛情へのあこがれみたいなものがあったのかもしれない。

幼い双子の甥っ子、瑛太奏太の頭を優しく撫でるあかるを見ていたら、思わず、

「オレも…撫でてほしいな…」



続きは、本編、コチラから…
↓↓↓↓↓↓

▲あかるの運命は?!▲

『おなかいっぱい、あやかしの種』第12話 「番外編」感想・レビュー

外見は強面だけど、とってもシャイでいつも、良い味出してくれる犬上くん。

大好きなキャラクターだったけど、今話で、ますます大ファンになりましたー!

ラストシーンで、甥っ子たちの頭を優しく撫でるあかるを見て、思わず、

「オレも…撫でてほしいな…」

って、漏らしちゃった犬上くんが、切なくて愛おしく感じました。

なんとか、私としては、犬上くんの恋を叶えてあげたいって気持ちになりましたが、果たして今後の物語の展開は、そういう方向に向かうんでしょうか?

ちょっと、難しいかも知れないな…っとは、うすうす…ね。

でも、これからのお話しの展開がホント楽しみ!次回が待ち遠しです。♪


あやかしの種12話
スマホ版はこちら
↓↓↓↓↓↓


あやかしの種6巻(スマホ版11・12話)
電子コミック版はこちら
↓↓↓↓↓

▲画像をタップしてね♪▲


▲無料立ち読みはコチラ▲


>>>おなかにいっぱいあやかしの種13話へ進む

<<<おなかにいっぱいあやかしの種11話へ戻る

おなかにいっぱい、あやかしの種 各話レビュー

コンテンツMENU

佐藤沙緒理作品紹介